リキュウバイ 苗木 庭木 落葉樹 シンボルツリー

リキュウバイ 苗木 庭木 落葉樹 シンボルツリー リキュウバイ 苗木 庭木 落葉樹 シンボルツリー リキュウバイ 苗木 庭木 落葉樹 シンボルツリー

【販売時期について】 この規格の苗木は毎年12月ごろからの販売になります。

4月上旬で入荷が終了し、売切れ次第終了です。

【お届けする商品の状態です】 ●商品は根巻苗です。

根巻き部分も含め高さ約0.9m前後位です。

落葉期に葉はついておりませんが、春に芽吹きます。

根巻苗の場合は、そのまま植え付けてあげてください。

麻布や麻紐は時間が経てば自然へと帰りますのでご安心ください。

●肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ下部をご覧ください。

商品には簡単な植え付け方法を書いたプリントを同封しております。

●この商品の同梱可能本数は・・・・ 小梱包でのお届けはできません。

 >>送料についてはこちら  >>同梱可能本数の目安(一覧)はこちら  >>ご注文からお届けまでの流れはこちら リキュウバイの育て方 リキュウバイの育て方 植え付け時期 基本的に移植や植え付けは10月〜梅雨前まで行えます。

植え付け用土 有機質に富んだ肥沃な水はけの良い土地を好みます。

花ひろば堆肥“極み”や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。

鉢植えでも大丈夫です。

日当たりを好みます。

剪定方法 特に必要ありません。

肥料 開花前の2月に寒肥として堆肥を与えます。

花後と9月頃に化成肥料を少々与えます。

消毒 病害虫はあまりしんぱいはありません。

リキュウバイ 名もゆかしい茶花の銘花 梅に似た白い花は新緑の中で純白に輝きます。

名前から和風なイメージかもしれませんが、洋風花壇にも良く似合います。

●品種の特徴 落葉樹。

通好みの花木です。

4月に咲く梅に似た白い花は、新緑の中で純白に輝きます。

ホワイトガーデンとしての庭木など、洋風花壇にも良く似合う花木です。

切花や茶花、枝物でも人気の花木です。

利休梅とも利久梅とも書くようです。

名の由来が、茶人千利休にちなみ、茶花として好まれていることからなので、利休梅が正しいと思います。

別名:バイカシモツケ、ウメザキウツギ、マルバヤナギザクラ 学名 Exochorda racemosa バラ科ヤナギザクラ属 原産地 中国中北部 花言葉 誕生花   最終樹高 最終葉張り 成長の早さ 開花期 類似品種 植栽適地 落葉中高木 3〜4m 3m やや遅い (0.3m/年) 花4月 果実8〜9月 東北北部〜沖縄 ※苗木は全て国産苗です。

※資料によっては最終樹高がもっと大きい場合もありますが、それは自然環境で放任して栽培した場合の大きさです。

魅力  魅力満点: 【春】花を楽しむ。

 【初夏】 新緑が涼しげ 【夏】 緑を楽しむ 育てやすさ  初心者におすすめ: 耐寒性強、耐暑性強、耐病性強、害虫がつきにくい 用途  シンボルツリー、鉢植え、記念樹、盆栽、花壇、寄せ植え 肥料や剪定など、詳しい育て方のコツはページ最下部をご覧ください。

 

  • 商品価格:1,922円
  • レビュー件数:27件
  • レビュー平均:4.67

WARK 関連ツイート