HSC=ひといちばい敏感な子 明橋大二 太田知子 1万年堂出版エイチエスシー ノ コソダテ ハッピー アドバイス アケハシ,ダイジ オオタ,トモコ 発行年月:2018年06月 予約締切日:2018年05月22日 ページ数:223p サイズ:単行本 ISBN:9784866260341 明橋大二(アケハシダイジ) 心療内科医。

専門は精神病理学、児童思春期精神医療。

昭和34年、大阪府生まれ。

京都大学医学部を卒業し、真生会富山病院心療内科部長。

児童相談所嘱託医、NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長、富山県虐待防止アドバイザー、富山県いじめ問題対策連絡会議委員として、子どもの問題に関わる。

自己肯定感を育む子育てを日本全国に広めるため、「認定子育てハッピーアドバイザー養成講座」を開講し、支援者育成に当たっている 太田知子(オオタトモコ) 昭和50年、東京都生まれ。

イラスト、マンガを仕事とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 他の子とちょっと違う?HSCとは、どういう子どもでしょう/HSCかどうかを知るための、23のチェックリスト/よく泣いたり、眠らなかったり…こんな赤ちゃんは、HSCかもしれません/HSCは「治す」ものではありません。

「自分らしさ」を伸ばしていきましょう/ひといちばい敏感な子には、4つの性質があります/ひといちばい敏感な子の中に、好奇心の強い子が約30%います/育てにくい子は、長い目で見れば、心配のない子です/「甘やかすからわがままになる」というのは間違いです/幸せな人生の土台は「自己肯定感」です/HSCが、自己肯定感を持ちにくい4つの理由〔ほか〕 HSCは、ほめられて伸びる子です。

HSCに、厳しいしつけや叱責は、逆効果です。

安心できる環境で、ほめられて育ったHSCは、他の子よりも、プラスの影響をより強く受けるのです。

本 人文・思想・社会 教育・福祉 教育

レビュー件数24
レビュー平均4.54
ショップ 楽天ブックス
税込価格 1,320円
みてほうだい
みてくれの